モノづくりにかかわるすべての方にパーステクニックを。

2018年10月18日 定期勉強会のお知らせ

―簡単!省エネパース― 展開図を使って室内パースを描く

「パースをいちから起こすのって難しいなぁ、面倒くさいなぁ」って方に超オススメ。展開図に奥行きを付けるだけで、パースを描く手順を大幅に短縮できます。図面がまだ検討中でも、HLとVPを設定して後はササッとパースラインを入れるだけで空間のボリュームが掴めます。完成品としてのパースでなくてもコミュニケーションは充分にとれますよ。是非試してみてください。

 

 

講師プロフィール:渡邉 浩行

講師:渡邉浩行氏

講師:渡邉浩行氏

大阪工業技術専門学校建築学科卒業後、主に
住宅設備メーカー商品カタログ撮影(施工事例撮影)
の分野でインテリアセットのデザインを担当。
空間デザインの他、グラフィックデザイン、プレゼン用
パース制作、専門学校講師(パース)など、幅広く活動中。

デザイン事務所w’s works.代表
一般社団法人 日本パーステック協会 理事・教育委員長

 

続きを読む

第68回東日本建築教育研究会総会 長野大会

2018年8月2日・3日に東日本建築教育研究会総会・研究協議会長野大会がホテルメトロポリタン長野にて行われ、当協会の宮後浩理事長が基調講演と分科会の講師を務めさせて頂きました。

対象は主に工業高校や専門学校の先生方およそ150名。基調講演の後の分科会にもその半数近く、立ち見が出るほど多くの方々に建築パースについての実演を交えながらの講演を聴講頂きました。

東日本建築教育研究会長野大会

プライバシー保護のため画像を加工しています

宮後理事長を著書などでよくご存じの方もおられ、講演終了後もみなさんと声を交わすことができ、有意義な時間を頂きました。
当協会についても知っていただくことができたと思います。

これからも宮後理事長や協会員の活動も通じ、日本パーステック協会とパース検定の認知・普及を進めてまいります。

2018年9月13日 定期勉強会のお知らせ

―パース検定のススメ― 楽しく学んで透視図法を身につけよう!

パースペクティブ=透視図は、その作図方法を習得すればだれにでも描くことができるものですが、立体や空間に対する把握・理解がなければ少々難解なものと感じられるかもしれません。基本的な図形を反転したり位回転させたりしながら少しずつ立体に慣れていき、段階的に透視図法を学んでいくことが「描ける人」への早道です。パース検定テキストから抜粋した例題を参加者の方々と一緒に解きながら、図形、立体、そしてパースの楽しさをお伝えしたいと思います。

講師プロフィール:渡邉 浩行

講師:渡邉浩行氏

講師:渡邉浩行氏

大阪工業技術専門学校建築学科卒業後、主に
住宅設備メーカー商品カタログ撮影(施工事例撮影)
の分野でインテリアセットのデザインを担当。
空間デザインの他、グラフィックデザイン、プレゼン用
パース制作、専門学校講師(パース)など、幅広く活動中。

デザイン事務所w’s works.代表
一般社団法人 日本パーステック協会 理事・教育委員長

 

続きを読む